仕事というものは、必ずとも楽しめるものばかりではない。

単調作業が続く仕事での集中するコツ

単調作業が続く仕事での集中するコツ

仕事というものは、必ずとも楽しめるものばかりではない

仕事というものは、必ずとも楽しめるものばかりではない。まさに山あり谷ありというか、楽しめるときもあれば、嫌々、行うこともある。人というものは、『刺激を求める生き物』であると聞いたことがある。それゆえ、繰り返しが多い仕事や単調な仕事は慣れるというよりも飽きてしまう、退屈してしまうのではないだろうか。

しかし、その単調な仕事を仰せつかった場合、どのようにその仕事にとりくむべきであろうか。たとえば、単純な数字、固有名詞の入力、仕分け作業、運搬作業など。解決策の提案としては、単純作業を単純作業でなくせばいいのではということである。
たとえば、入力の仕事においては、自分で自分のゴールや目標を別に設定してしまう。〇〇分でいくつできるか記録を作り、また、それを破るべく挑戦をする。そして、それを繰り返すことにより、時間を忘れることができれば、最高であるし、今まで見つからなかったコツを見つけることにより、そのいやな作業時間も短縮されることになるかもしれない。
仕分け作業でも、仕分けの超効率的な作業手順を考えだしながら、それをシミュレーションして作業し、さらにそれよりもベターな方法を生み出す工夫をする。『苦の中に工夫を作り出す』というのを試してみたらどうであろうか。そうすることにより、いやな気持よりも作業に集中できるようになるはずである。
Copyright (C)2017単調作業が続く仕事での集中するコツ.All rights reserved.