スーパーのレジというと、それほど単調な仕事に見えないかもしれない。

単調作業が続く仕事での集中するコツ

単調作業が続く仕事での集中するコツ

スーパーのレジというと、それほど単調な仕事に見えないか・・・

スーパーのレジというと、それほど単調な仕事に見えないかもしれない。
でも、やることと言ったら、レジ打ち→お金の受け渡し→商品の袋入れです。
一日中、1畳ほどのレジのブースに立って、この作業の繰り返しなのです。

集中力が切れるとミスも多くなるし、時計の針がなかなか進んでくれません。そんな時はゲーム感覚で進めて行くしかありません。まずは対戦相手を決めます。相手は、隣のレジのおばちゃんや、自分よりも若いバイトの子でも良いのです。
相手が5人接客する間に自分は何人接客できるか、勝負するわけです。

対戦相手は、レジ自体のこともあります。もたもたしていると、自分のペースより先にレシートは出てくるし、おつりは出てくるし、焦ってしまうことがあるのです。
それではレジに弄ばれてしまうことになります。そのような事がないよう、レジより早く計算してみます。そして、おつりが出てくる前に待ち構えてキャッチするのです。

こんなことをしていると、あっという間に時間が過ぎてしまうもの。ただ、勝ったからと言って、何も褒美が出ないのがむなしいです。
Copyright (C)2017単調作業が続く仕事での集中するコツ.All rights reserved.