高校を卒業して最初に就いた仕事は家具を製造する仕事でした。

単調作業が続く仕事での集中するコツ

単調作業が続く仕事での集中するコツ

高校を卒業して最初に就いた仕事は家具を製造する仕事でした

高校を卒業して最初に就いた仕事は家具を製造する仕事でした。
配属される前は「技術職」と言う事だったので、専門的な仕事をする物だと思っていましたが、いざ配属されてみると2〜3種類の木材を一日中機械にセットして、ボタンを押して仕上がり具合を検査すると言うとても単調な仕事でした。

入社して1ヶ月で5月病になり、全然やる気が出なかったのですが、集中していないと材料に不具合が出てしまうし、なんと言っても怪我の危険性があるので、自分なりの集中方法を考えていました。

まず思ったのは工場の中は結構うるさくて耳栓を使用していたのですが、この耳栓が1週間も使っていると硬くなってしまい、耳の間に隙間が出来てしまうので、結構騒音が気になって集中できなく、こまめに交換していました。
騒音、雑音は集中するのにとても邪魔になるので、耳栓をこまめに交換する事で集中力も保てるようになりました。

次に集中するためには、仕事しながらも常に品質向上の事を考えながら、後工程に高品質な物を流す事を考えて仕事をしていました。
要は雑音と雑念を追い払い、どうしたら高品質な物を作れるか?を考えていると自然に集中できると思います。
Copyright (C)2017単調作業が続く仕事での集中するコツ.All rights reserved.